プロフィールwiki

凪良ゆう(なぎらゆう)プロフィールWiki!本屋大賞2020受賞!

凪良ゆう(なぎらゆう)プロフィールWiki!本屋大賞2020受賞!





凪良ゆう(なぎらゆう)プロフィールWiki!本屋大賞2020受賞!

全国の書店員さんたちが「いちばん売りたい本」を投票で選ぶ「本屋大賞」。

本屋大賞に選ばれると、映画化やドラマ化に続く話題の作品が多く注目を集める賞となっています。

らぼ
らぼ
今回は第17回の本屋大賞となりました

本屋大賞2020は、凪良ゆう(なぎらゆう)さんの『流浪の月』が輝きました!

この記事では、凪良ゆう(なぎらゆう)プロフィールと本屋大賞ノミネート作品をまとめました!

らぼ
らぼ
おうちでじっくり読書を楽しみませんか?

凪良ゆう(なぎらゆう)プロフィール

凪良ゆう(なぎらゆう)さんのプロフィールです。

凪良さんはボーイズラブ(BL)の作品でデビューされています。

幅広い読者に向けて書いた、3冊目が受賞作品となりました。

小説家としては2007年に『花嫁はマリッジブルー』でデビューされました。

名前 凪良ゆう(なぎらゆう)
職業 小説家
デビュー 2006年
デビュー作品 『恋するエゴイスト』
Twitter @nagira_yuu

公式Twitterでも喜びの声を投稿されています。

 

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、本屋大賞の授賞式は無観客で行われ、凪良さんはビデオメッセージでコメントされました。

動画はロングバージョンも用意されています。




本屋大賞2020受賞は『流浪の月』

 

この投稿をInstagramで見る

 

book108(@book108)がシェアした投稿

『流浪の月』のあらすじです。

『流浪の月』は、引き離された男女のその後の時間を描いた物語。家に帰れない主人公の少女は、公園で出会った19歳の青年に助けを求める。青年は彼女を受け入れるも世間からは誘拐事件として捉えられてしまい、社会から一方的に被害者と加害者としてそれぞれ糾弾、同情されてしまう…。そして数年後に再開し、周囲の人を巻き込みながら新しい人間関係への旅立ちが描かれている。

引用:オリコンニュース




本屋大賞2020ノミネート作品一覧

2位『ライオンのおやつ』小川糸

3位『線は、僕を描く』砥上裕將

4位『ノースライト』横山秀夫

5位『熱源』川越宗一

6位『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼




7位『夏物語』川上未映子

8位『ムゲンのi』知念実希人

9位『店長がバカすぎて』早見和真

10位『むかしむかしあるところに、死体がありました。』青柳碧人




本屋大賞2020翻訳小説部門は『アーモンド』

ソン・ウォンピョンさん著、矢島暁子さん訳の『アーモンド』が翻訳小説部門の大賞に輝きました。

らぼ
らぼ
翻訳小説も読んでみたい!




本屋大賞2020のSNSの反応は?

本屋大賞発表にさまざまな投稿がありました!

らぼ
らぼ
さっそく店頭にたくさん並んでいますね!

らぼ
らぼ
関係者の方もうれしいですよね!(きっと関係者かなって思うの)

https://twitter.com/hikaemeesa/status/1247399243939065856

https://twitter.com/belle_youtube/status/1246400785803382784

らぼ
らぼ
読書を楽しむ春にしませんか?
よく読まれている記事